2016年07月31日

カフェインのスポーツパフォーマンス向上効果!

カフェインはスポーツ選手と切っても切れない関係かもしれません。

世界的にカフェインがスポーツパフォーマンスを維持、向上させるのに効果的であることは広く知られていると思いますが、その具体的な効果の程は当然ながら賛否両論あるとは思います。

プラシーボ効果ではなく、実質的に1〜2%肉体の動きが良くなるという科学的根拠が提示されているようですが、陸上やトライアスロンの選手の中には、その実質的な肉体の動きが良くなることを体感している選手もいるようです。

ただし、誰も言わないことではありますが、カフェインとパフォーマンス向上の効果を謳っている選手と、スポンサーとの関係ははっきりとしておかなくてはいけません。

これはカフェインに限らずサプリメント類等全てに当てはまりますし、あらゆるスポーツに当てはまりますが、効果があろうがなかろうが、カフェインに関係する会社や、サプリメント会社がスポンサーになってくれれば、そのスポンサーのサプリメントを愛飲し、宣伝するのは至極当然のことですから、一般のスポーツ選手はそこらへんも考慮することは忘れてはいけません。

一流のスポーツ選手は本当に純粋で、小さな頃からそのスポーツに打ち込んできた選手が大半で、スポンサー契約を結びプロとして認められることは最大の喜びでもありますから、そのスポンサーの商品を愛用、愛飲しプラシーボ効果も出しやすいですし、少なくともその商品、特にサプリメント類は自分自身で調べたりすることもなく、ただただスポンサーの宣伝文句を鵜呑みにして広告塔としての役割を全うしますから、先程書いたように、サプリメント類は特に注意が必要かと思います。


又、なかなかプロとして稼げない、稼ぎにくいスポーツに関しては尚更その傾向が強いですから、野球で言うところのダルビッシュ有投手のように、莫大なお金を稼いでいる選手が愛飲するサプリメント類は、スポンサー関係なく本人が好きで摂取していると推測もできますが、その場合は決してわざとらしい宣伝はしていないと思いますが、そういった限られた選手以外が宣伝するサプリメント類は、本気で効果を期待するのであれば注意が必要です。

ただし、「この人が宣伝してるなら効果があろうがなかろうが試してみようかな」、なんていう考え方であれば、今回書いたことは考慮する必要はないとは思います。


最後に、自分がプロとしてスポンサー契約を結んでくれた会社がサプリメント会社だったらと想像してもらえば話は早いかと思います。

きっと効果が実感できなくても「宣伝」、はすると思います。

反対に、一切サプリメント類を摂取していない一流選手は沢山いますから、特にサプリメントを摂取するからパフォーマンスが向上したり故障を防げるわけではないことは覆しようのない事実であることは根底に置いておかなければなりません。

サプリメントの必要性について知りたい方は、このブログの「サプリメント不要論」を読んで下さい。



posted by やんたろう at 03:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。