2016年04月06日

スポーツ選手の2つの考え方!

さて、サプリメント不要論で本質的なことを書いてきましたが(いつも本質的なことばかりですが)、少しここで立ち止まって、スポーツ選手としての考え方について大きく2つありますので、過去の記事を振り返りながらその2つの考え方についてまとめておきます。

皆さんはどちらを支持しこれからスポーツ選手としてスポーツと向き合い楽しんでいくでしょうか?


少し考えてみて下さい。

まず、2つの違う考え方を書きます。

@外国(欧米)の考え方を基本的に取り入れ、日本人もその考え方に沿った方が良いとする考え方


A外国の考え方を取り入れるのではなく、日本人は日本人に適した考え方が良いとする考え方


現代のスポーツ界は簡単に言えばこの2つの考え方に大きく分かれます。


当然ながら、@が今の主流な流れであり、大半の選手は@が当たり前だと認識しているでしょうし、それで間違いはないと認識しているでしょう。

又、そのスポーツの強い国の選手の考え方を見習い、取り入れようと考えるのはごく自然な考え方ですから、これも基本的に@になります。


例えば、野球で言えば大リーグが頂点ですから、大リーガーの考え方を取り入れ真似るのが自然な考え方ですし、サーフィンもトップサーファーの考え方を取り入れ真似るのが自然な考え方ですし、格闘技もそうですし、サッカー、バスケット、バレーボール、水泳もそうだと思います。

強い国の選手の考え方、練習方法を取り入れ真似る。そして、それを軸に応用していくのがどのスポーツにおいても基本的な日本人の考え方かと思います。

この@の考え方を軸にした練習方法やケア方法が、筋トレやウェートトレーニング、アイシングやサプリメントになります。

そうです。このブログで「不要」として今までに書いてきたものです。

ということで、僕はAの考え方を軸にしていますから、@、つまり今のスポーツ界の常識とは正反対の考え方になります。

勿論、誤解のない様にしてほしいのは、あくまで筋トレ、ウェート、アイシング、サプリメント、これらは「不要」であって、全てを効果がなく無意味だと決め付けているわけでもありません。

根本的には不要なものであるという考え方を軸に、一定の条件をクリアできれば「必要」となる場合もあります。が、大半の選手はその一定の条件をクリアできていませんから「不要」となります。

@は野球で言えばダルビッシュ有選手が典型的な@の考え方ですし、桑田真澄さんなんかは一定の条件をクリアした@になると思いますし、清原和博さんも@になると思います。

イチロー選手は逆にAです。山本昌さんなんかもAになると思います。


他のスポーツでもまだ大半の選手が@だと思います。

更に具体的に書いていくと、スポーツは当然ながら筋力が強ければ強いほどパフォーマンスは向上すると考えられますから、筋力強化するには筋トレ、ウェートトレーニングは筋肉を大きく強くしますから、理にかなった練習方法であります。

が、筋力が強ければそれが全てパフォーマンスに生き、筋力の強弱だけが勝敗や結果を決めるわけではなく、実際はその動作で自分が持ち合わせる筋力が最大限発揮できるのか、柔軟性や全身の身のこなし、連動が大事になりますから、一概に筋肉ムキムキの選手がどのスポーツでも結果を残しているわけではありません。

それは、野球で言えば、桑田真澄さんや工藤公康さんやイチロー選手のように、どちらかと言えば細身な体型であっても結果を残し続けられる選手はいますし、清原和博さんのように筋肉ムキムキでも故障に泣かされる選手もいます。


極論を言えば、日本人には日本人、自分の元々の体型に合ったトレーニングが必要であって、筋トレ、ウェートトレーニングばかりで筋力強化という偏った見方で目先に執着していてはいけないということです。


さて、これはスポーツパフォーマンスを向上させたいならとりあえず筋トレで筋力強化すればいいという非常に単純な考え方で、本当は単体の筋力強化ではなく、それ以前に柔軟性確保、各筋肉の一連の動きにおけるスムーズな連動、これらがあってこその筋力強化であり、決して筋トレ、ウェートが本質的なトレーニングではないということになりますが、練習、試合後のアイシングや、サプリメント摂取も、筋トレ同様本質的ではありません。


熱を持ったから冷やす。

栄養補給にサプリメントを摂取する。

といった考え方以前に、疲労を回復させるために筋肉というのはそもそも使ったら熱を持つようにできているわけですし、サプリメント摂取する以前に本来は食事から栄養を摂取するようにできているわけですから、目先の結果論ばかりに執着するのではなく、もっと本質的なことを見る必要があります。

よって、@の考え方は、基本的に西洋スタイルの考え方で(医学で言えば西洋医学という病気の治療ではなく症状の緩和(対症療法)、対処、を目的としたもの)、Aは目先の対処ではなく本質的な解決をするための考え方になります。

さて、これを読まれたスポーツ選手は@、A、どちらを軸にして考えるでしょうか?

どちらを支持するにしても、故障をしない肉体を維持することが優先されますから、くれぐれもパフォーマンス向上ばかりに執着し、故障するしないは運任せ、なんていうことのないように、偏った考え方をし過ぎないように気をつけてほしいと思います。

日本人は日本人、日本人の中でも更に元々の骨格形状、大きさが個々で違うわけですから、それらを考慮しないトレーニングでは、向上できるはずのパフォーマンスも向上しませんし、故障して当たり前ですし、極一部のラッキーな人しか超一流にはなれません。

そもそも球技は全て欧米から来たもので日本人の体型向けにはできていませんし(ルール含めて)、かと言って、欧米人以上に筋トレ、ウェートをやって筋肉を大きくしたからといって、大半の日本人は関節や筋肉以外の組織に負担となり故障しますし、ハーフやクォーターの人や、190pあり、更に柔軟性の優れた恵まれた肉体を持った人しか欧米スタイルを取り入れても世界には通用しません。

もし通用できるのであれば、イチロー選手のような考え方、Aを軸にした考え方が必要になります。

自分の骨格形状に合わせた実践練習メインの徹底した肉体作りと人の真似をするのではなく、自分独自のメンタルトレーニングによる強い精神力の確立。

これが必要です。

が、誰もこんなこと指導してくれませんけどね(笑)。それが非常に残念な日本のスポーツ界です。


posted by やんたろう at 14:46 | Comment(0) | スポーツ選手の2つの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。