2016年06月22日

骨の変形を治そう!足の親指は最重要ポイント!

度重なる一方向からの外力は、骨の歪みではなく、骨を変形させます。

骨の変形は歪みとは違い、治すというのは至難の業です。

というのも、一般的には、外反母子や変形性膝関節症や頚椎症、O脚など、骨が変形することにより痛みを誘発するものがありますが、これらを病院で治すことは基本的に出来ませんから、変形を治すというのは至難の業となります。


前回少し書いた通り、この、変形、を治すのは、歯の矯正みたいなものですから、時間がかかりますし、やり方を間違えれば、症状を酷くしたり、別の場所を痛めたりしますから、難しい技術にもなります。


又、変形した骨を治すというのは、先程書いた通り、整形外科では行っていませんし、一般的な接骨院や鍼灸院でもやっていません。

あくまで「整体」というものができる先生がいるところでないと、こういった変形そのものを治すことはできません。

よって、もし「変形」で悩む方がおり、痛みや症状を薬や手術による一時の対処ではなく、変形そのものから治したいのであれば、治せる先生を見つけなければなりません。


少なくとも僕はスポーツ選手の悩みだけではなく、外反母子やご年配の方など、変形性膝関節症や頚椎症にも全てに対応していますから、それぞれ先生によってやり方や考え方は違うものの、対応してくれる先生はいます。


外反母子を治すだけでスポーツパフォーマンスが向上することが現実にあります。

当然ながら、外反母子のように、何かしら骨が変形していれば、どうしても重心バランスなどが変わります。

特に外反母子の場合、足の親指というのは、坐骨神経の終点であり、一番大きい指ですから、一番パワーもあり、安定している指です。更に、親指は歩く時や走る時に本来使われるものですから、この親指が曲がっているというのはスポーツをやる上で非常にパフォーマンスに影響するわけです。

裸足で地面に立つとよくわかりますが、親指でしっかりと地面を掴むように立つと、一番安定するのがわかりますし、親指を浮かすだけでフラフラしやすくなるのもわかると思います。

たかが親指、されど親指で、親指が少しでも曲がっている時点で、少なくともパフォーマンスに影響していますし、痛みを出しやすい状態になっていますから、親指が曲がっていない、しっかりと地面を掴むように力が入るか入らないかを検査し、改善させることは絶対的なものだと僕は考えているわけです。


そこで、皆さん自分の親指の向きに左右差がないか、力の入り方、入る方向にアンバランスがないかをチェックしてみて下さい。

腰や膝などに不調を抱える方ほど左右の誤差が生じているはずです。

パフォーマンスを向上させることと、故障しない肉体を維持することは必ずイコールになりますから、足の親指、ぜひチェックし確認し、異常がある場合は、これらを治してくれる先生を探して下さい。

もしくはこのブログの外反母子の治し方の記事を読んでみて下さい。

全てを書いているわけではありませんが、それなりに得るものはあるかと思います。

ただし、くれぐれも自己流で治すことのないようにご注意下さい。

解剖学的視点と幅広い知識と思考がないと、かえって酷くなったり、違う部位が痛くなったりします。

あくまで外反母子は皆さんが認識している以上によろしくないものであって、治しておく必要がありますよ、という話である。

健康な方や故障知らずのスポーツ選手は見事に親指が真っ直ぐな方が多いです。


posted by やんたろう at 11:55 | Comment(0) | 外反母子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。